香川県三豊市のこどもとおとなの鍼灸院 夜泣き・かんしゃく・アトピー・不妊治療・めまい・突発性難聴
香川県三豊市のこどもとおとなの鍼灸院 - こうのとり健康鍼灸院

膝痛

患者

4歳 女児

来院

2019年6月

症状と来院理由

寝かしつける時、膝の痛みを訴える。昼間は癇癪(かんしゃく)が多く親の言うことを聞かず天の邪鬼な行動をとる。8ヶ月前に弟が生まれてから赤ちゃん返りをして、できていたことができなくなった。

食が細くお菓子をよく食べる。

ネットで小児はりのことを知り来院された。

治療内容と経過

初診:表情が硬い。昼間は膝の痛みはない。全身的に皮膚が少し弛緩していて、肩背部分に緊張がある。腹部打診音は上腹部にガスが多い。肩背部を中心に施術する。

2診(3日後):かんしゃく続いている。膝の痛みも訴える。初診と同様の施術をする。

3診(2日後):膝の痛みは続いている。母親より「機嫌良くなり、明るくなった」とのこと。初診と同様の施術

4診(2日後):膝の痛みは続いている。機嫌よく来院してもよく笑い話すようになった。食事を以前より食べるようになってきた。

5診(2日後):膝が痛いと言わなくなった。かんしゃくも減った。食欲がないので肩背部の施術に腹部、足の施術を加える。

6診(2日後):寝付きよくなり、寝かしつけのときに訴えていた膝の痛みを言わなくなった。母親によく甘えるようになり、膝に乗ってくるようになったと母親が笑顔で教えてくれた。

膝の痛みを継続して訴えなくなり癇癪(かんしゃく)も減ったので施術を終了し、また問題があれば来院していただくようにした。

まとめ

幼児で膝の痛みを訴えることがあるが、整形外科的に問題がない場合、ストレス症状として痛みを発症する場合がある。

この症例では、母親に甘えたいのに我慢して甘えられないことがストレスになって痛みを感じていたと考える。

このように心身症的に発症した痛みも小児はりで改善することができる。
痛みが改善されるとともに、情緒も落ち着きを取り戻し親子関係が改善された。

 

症例番号

713

  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日カレンダー
    « 2020年9月»
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    • 休診日
  • アクセス
    アクセス
  • LINE
    LINE
  • ご来院地域
    【香川県】
    三豊市 観音寺市 善通寺市 丸亀市 坂出市 高松市 多度津町 まんのう町 宇多津町 綾川町 琴平町…
    【愛媛県】
    四国中央市 新居浜市…
    【徳島県】
    三好市…
  • ブログ
    スタッフのブログ
  • お気に入り
  • 整動協会
    整動協会
  • ツボネット
    ツボネット
Twitter