香川県三豊市のこどもとおとなの鍼灸院 夜泣き・かんしゃく・アトピー・発達改善・不妊治療・めまい
香川県三豊市のこどもとおとなの鍼灸院 - こうのとり健康鍼灸院

発達の進む方向

" 発達 "

2022年3月24日

人間の発達は上から下へ

中心から外側へ進みます

 

赤ちゃんは生まれた時、自分の体がどうなっているかは

わかりません。

少し成長したら自分の存在の認識がうまれます。

その時は頭が自分のすべてです。

そこから首、胴体、腰、膝、つま先へ

胴体から肩、肘、手のひら、指先へと発達が

進んでいきます

 

子供さんの発達がどこまで進んでいるかは

描く絵をみるとわかることがあります。

丸を書いて、私、ママと言っているときは

その子自身のボディーイメージは頭までです。

 

目や鼻がかけると目や鼻がわかってきています。

胴体が描けると胴体が認識できてきました。

 

棒のような足や手を描いて指が描けていない時

その子はまだ指先までは発達していないので

手先の細かい動きは苦手かもしれません。

 

丸い頭から、いきなり手や足が描かれていたら

その子は自分の胴体がまだ認識できていません。

 

発達を促す試みをしてみる時

その子がどこの段階でつまづいているか

見極めて働きかけることが重要です

 

お箸が上手に使えないからといって練習しても

発達が首や肩で止まっていたら

いくら練習しても上手にお箸を使えるようになりません。

発達が躓いているところにもどって

そこから発達し直すとお箸だけでなく

他の苦手なこともできるようになります

 

 

#発達凸凹 #発達改善

 

 

この記事を書いた人
カテゴリー: 発達.
  • スタッフのブログ
    スタッフブログ
  • ブログカレンダー
    2022年5月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • ブログカテゴリー
  • タグ
  • 最新記事
  • アーカイブ
  • お気に入り
Twitter